マカの副作用

マカの副作用と摂取量

 

マカといえば、精力増強や滋養強壮、ホルモンバランスの調整にいいと有名ですよね。

根に鉄分やカルシウム、必須アミノ酸などが含まれているので、昔から栄養剤として飲まれてきた歴史を持つ植物です。
薬局などにも、男性機能に焦点を当てた商品が多く販売されています。
女性の場合、生理不順などの改善を期待して購入するようです。

 

そんなマカですが、いろいろな副作用についての情報が噂されています。
たとえば「マカを飲んだらホルモンバランスが崩れて、生理周期がおかしくなった」「体調が悪くなった」などです。
不妊治療などを考えられている方には、とても気になる情報だと思います。

 

では実際、マカの副作用というものはあるのでしょうか?

 

実はこれは副作用というよりも、『体に合わなかった結果』という言い方が正しいといえます。
副作用という言葉は医薬品を用いた時に、主作用とは別に治療目的とは違う好ましくない症状が出たときに使われる言葉です。
薬局などで売られているマカですが、医薬品ではありません。
あくまで栄養剤・健康食品などの範囲を超えないものです。
ですので、副作用という言葉は適しません。

 

マカは女性ホルモンに似た働きをしてくれるため、女性の生理不順などの症状を改善させる効果があると期待され、実際それを目的にした商品も販売されています。
しかし過剰摂取をしたり、稀にその効能が強すぎることで、逆にホルモンバランスが崩れてしまう場合があります。

 

マカを摂取している最中に、もしそのような症状がでたら、すぐに使用をやめるかまたは量を減らすなどして対応してください。
マカに限らず体に合わないものを使い続けることにメリットはありません。
使用量を守り、摂取してからの自分の体調を確認しながら、自分の体に効果があるものを摂取することが大切なのです。

 

多くの人の「効果があった!」「改善した!」という口コミを絶対的に信じて飲み続けるよりも、自分の体質と向き合いながら試すことをオススメします。